川島 高之(取締役副社長)

ご挨拶・プロフィール

川島 高之(取締役副社長)私が皆さんにお伝えしていきたいことは、以下の3つです。

●「やりたいこと」を、もっとやろうぜ!
会社が、親が、教師が、世間が、「あなたはこうあるべき」と言っている。
しかし、それは1つの参考意見とし、「あなたが心の底から望んでいる」ことに、もっと真摯に耳を傾け、素直に自分の「やりたいこと(やるべきこと)」を優先させてもいいのでは。

●「3つの領域」を、意識しよう
では、「やりたいこと(やるべきこと)」を見つけ、実行していくには何が大切か。
それは、Work(しごと;お金をもらえる仕事)、Life(自分ごと;家事育児、趣味、勉強など)、Social(社会ごと;地域活動、ボランティア)の3領域に目を向け続けることだ。

●自然に「基軸のある人生」になる
この3つに目を向けどれも諦めないでいると、自然に自分の生きる道が定まってくる。ライフシフトとは「自分で人生を決めていく」生き方のこと。それには「自分の基軸」があったほうがいい。

プロフィール
NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表
・株式会社 K & Partners 代表取締役社長

1987年慶応大卒、三井物産入社、2012年上場会社社長、イクボス式経営で利益8割増、株価2倍に。2016年に社長退任し独立。PTA元会長、ファザーリング・ジャパン理事、コヂカラ・ニッポン代表、内閣府や文科省の委員。家事育児(Life)、会社社長(Work)、PTAやNPO(Social)の3つを融合した講演が年300回。NHK「クローズアップ現代」、AERA「日本を突破する100人」などに。著書『いつまでも会社があると思うなよ!』(PHP研究所)。“元祖イクボス”。

 

 

▼ほかの経営メンバーはこちら

 

ライフシフト・ジャパンが目指す社会 会社概要 経営チーム